チプルソまとめ


チプルソを知らない人の為に解説します。

テレビ朝日、AbemaTVのバラエティCHANNELで配信されているMCバトル番組<フリースタイルダンジョン>が2015年9月30日にスタートして以来、出演を希望する声が多々ありますが、2012~2013年あたりからMCバトルから遠ざかり、全国をライブしながらまわっているようです。戦極MCBATTLE、UMB、ENTERなどの大きな大会でも高成績を収めていますが、何より音源のファンが多いラッパーです。
決まったDJとは組んでおらず、ライブはギターの弾き語りを基本としています(必要に応じて機材利用)ボイスパーカッションをライブ中に機材に録音して、その音に合わせてギターを弾きながらラップもします。
ツイッターやフェイスブックは利用していないようですが、ブログでは最新の情報を確認できます。2010年ごろから続いているようです。

http://tiplesohiphop.blog21.fc2.com/

ブログのタイトルは『チプルソ 綴り』
本人のセカンドアルバム『チプルソ 一人宇宙Ⅱ』に収録されている曲名にもなっています。

音源の評価が高い

MCバトルでファンになって、実際に音源を聴いたらダサかった、なんていうことはよく聞きますが、チプルソさんの場合はそんなことはありません。
私は『綴り』を聴いて泣きました。『I LOVE ME』を聴いてしびれました。
ファンとしてはやっぱりCDを購入してライブを観てほしいですが、動画貼っておきました。

ライブの空気感が良く伝わってきてとても好きな動画です。
若干、音源と歌い方が違いますが、それも良いと思います。

バトルとはまた一味違い、柔らかく染みてくるように聴き心地が良いです。

やっぱりバトルも強い

UMB 2011 大阪予選にて、後に三連覇を果たす『R指定』にウイニングラップにて
『なぁ、チプルソ 俺らよりヤバイ奴が他の県から出てくると思うか?在り得ねぇだろ』
と言われるくらいの実力者です。

UMBとかちょっとわからない、という方にもっと簡単に表現すると、
《ラッパーで一番を決める大会で三連覇、MCバトル番組で名だたるチャレンジャーを負かし、ラップバトル最強とまで言われているラッパーに同レベルと思われている》
それがチプルソ。

king of kingsという大会で 2016 優勝したGADOROが、初期にスタイルを真似ていたことも有名

もはや伝説。
コイツのラップ上手いかい?って【不甲斐ない】【倉木麻衣】か【うなぎパイ】

あまり話をしている動画を見かけることが無いですが、CD等のリリース時などにインタヴューを受けているようです。
曲の解説をしている記事を見かけた時に思わず唸りました。

思想が深い

名前の由来
“Multiple Personarity(マルチプルパーソナリティ)”からとっていて、つまり“乖離性同一性障害”、“多重人格”ていう意味

ほんとに昔の事あんまり思い出せなかったりするんですよ。小3でめっちゃ暴れまくってた時の自分とかって
なんであんなに暴れてたんだろみたいな。そいつが『傷だらけのB-BOY』なんですが、僕のテーマはそいつとの対話です

練習を練習と思ってやってる時もあるんですけど、楽しいし、やりだしたら止まらないんですよ。フリースタイルだから練習でも気持ち良く完璧に決まるまでやめられないっていう(笑)あと僕はもう酒でベロベロとかになったら、全部が韻に見えるんですよ。
だから今でも、“喫煙禁止”…とか、“から揚げ”…とか、踏みたくなるんですよ。しかも今言った“踏みたくなる”でももう頭の中で踏んでるんですよ(笑)“ビール”、“瓶”、“電話”、もうなんでも…もはや自分の“足”とかでもなるし、『何考えてんねん』って思っても、“てんねん”、“天然”、“専念”、“前年”…みたいな。もう気持ち悪くなるまでやったこともあります。
でも全部踏んでおくことによって、バトルでそこに連想できるっていうか。自分の掴みどころが、すぐわかるようになるんですよ。それを踏めるか踏めないかっていうのを一瞬で判断できるようになるんです。

-未分類