今話題のラッパーをチェック!


東京都千代田区出身。LOW HIGH WHO? PRODUCTION所属[1]。Ghost Cheekの別名儀でトラックメイクも行なう。

「平和」を主唱した楽曲を主に手がげており、代表曲に過去の日本の戦争と反戦をテーマとした「オレ達の大和」や「残党」などがある。また自らを「昭和の残党」と称している。

東京都葛飾区新小岩出身。 般若 主宰の 昭和レコードに第三の男として加入

日本人の母親とメキシコ人の父親を持ち、幼少の頃をメキシコで過ごし、その後、東京、大阪、大分県、ニューヨークで過ごす。Master Pなどに影響を受ける。

1988年、北海道で生まれる。神奈川県在住。父親の影響で4歳でDr.Dre"Let Me Ride" を聴き音楽と出会う。 14歳からラップを書き始める。18歳の時に神奈川の鵠沼に引っ越し、20歳の時には1年間シンガポールにてラーメン屋の店長を務める[1]。 その後、現在住んでいる神奈川県厚木市にて本格的にラップを始める。 OHLDの紹介によりSEEDAと出会い、音源を渡した事をきっかけにSEEDAと共演。 そのレコーディングがBACHLOGICのスタジオで行われ、BACHLOGICがSALUの才能に惚れ込みONE YEAR WAR MUSICを作る事を決意した[2]。 2013年2月20日にトイズファクトリー移籍を発表[3]。

韓国人の父と日本人の母の元に生まれる。LIL KOHHは異父弟。東京都北区王子の団地育ち。ラッパーのmony horseは幼馴染。

暴走族のリーダーになる。ケンカや悪さを繰り返し、決闘罪などに問われ、1年間を少年院で過ごす。このとき、ZEEBRAが出演する音楽番組を目にしたことにより本格的にラッパーを志すようになる

-未分類