【J-hiphop】今旬な天才日本語hiphopアーティストまとめ


PUNPEE

PUNPEE(パンピー)は日本のヒップホップMC、トラックメーカー、DJ、シンガー、サウンドエンジニアである。学生時代の同級生GAPPERと実弟S.L.A.C.K.の3人からなるヒップホップユニットPSGや地元の先輩原島"ど真ん中"宙芳とのDJコンビ板橋兄弟としても活動。

PSG

PSGは東京都板橋区の3人組ヒップホップユニットである。

2007年、PUNPEEとGAPPERで組んでいたユニット「P&G」にS.L.A.C.K.が加わり、PSGを結成。
2009年10月、デビューアルバム『David』を発売。アルバムはKREVAや、ZEEBRA、Bach Logicなどに高く評価されたほか、bounce誌や、riddim誌、floor.net誌, Amebreakなど各メディアで09年ベスト作品の一つとして挙げられる等、反響を呼んだ。
2010年1月、デビューアルバム『DAVID』のインスト音源12曲に、新曲を3曲追加した完全生産100枚限定アルバム『DAVID インスト』の発売を記念して、タワーレコード渋谷店にてインストアライブを開催。『DAVID インスト』もわずか15分で完売し、タワーレコード渋谷店過去最高のインストア動員を記録する。『DAVID インスト』は同年3月3日にiTunesで配信を開始する。

EVISBEATS(AMIDA)

奈良県出身の、トラックメーカー・ラッパーのEVISBEATSさん。
もともと大阪のラップグループ「韻踏合組合」に所属していましたが、2004年に脱退。
その後は主にトラックメイカーとしてソロ活動しており、数々のアーティストへの楽曲提供もしている。

KAKATO

KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS)環ROYと鎮座DOPENESSの二人によるラップグループ。

この才能たちの評価が低すぎると常々不満に思っている環ROYと鎮座DOPENESSがユニット「KAKATO」を結成。

環ROY

環ROY(たまきロイ、本名:タマキリョウ 1981年11月13日 - )は日本のミュージシャン、ラッパーである。

宮城県仙台市に生まれる。中学校在学中、ラジオ放送で耳にしたBUDDHA BRANDの影響を受けヒップホップ・ミュージックへ傾倒、2003年頃からラッパーとして活動を開始する[1]。以降、主にラップを用いた音楽作品の発表を行う。その他、舞台芸術やパフォーマンスアート、インスタレーション、映画音楽、広告音楽など、様々な形式での作品制作を行っている。

鎮座DOPENESS

-未分類