要注目のラッパー!KANDYTOWN,BCDMG所属のYOUNG JUJUについて


YOUNG JUJUとは?

日本のラッパー/クリエイター。東京都世田谷区を拠点とするヒップホップ・クルー、KANDYTOWNのメンバーとして知られる。2015年、IO、DONY JOINTとの連名によるEP『Nothing New』が完売となったのをはじめ、リーボック・クラシックとKANDYTOWNのコラボレーション「Get Light」ではメインに抜擢されるなど、高く注目を浴びる存在に。また、日本語ラップ・クリエイター集団、BCDMGへの加入も話題となる。2016年9月にソロ・アルバム・デビュー。

ストリート限定での作品リリース(軒並み即完売!)や数々の人気イベントでのパフォーマンス、ストリート/ファッション誌でのピックアップなどで日本語ラップ・シーンだけでなくアパレル界隈をもザワつかせ、まさかのメジャー・デビューでちまたの話題を独占中な若きヒップホップ・クルー、KANDYTOWN!その中心メンバーのひとりであり、IO、DONY JOINTととともに日本語ラップ・シーン最高峰のクリエイター集団BCDMGにも名を連ねるラッパー/モデル、YOUNG JUJU(ヤング・ジュジュ)! IOに続き、待望のソロ・デビューが決定!

そのソロ第1弾としてリリースされた超先行曲“The Way”は、IO『Soul Long』にも参加していた国内最高峰のビートメイカー、MASS-HOLEのプロデュース!これまでのKANDYTOWNのイメージとは少し異なり、USヒップホップの最新ストリート・トレンドも取り入れた激シブなドープ・チューンでYOUNG JUJUの新たな魅力、非凡なラップ・センスにあらためて気づいたって方も多いのでは!

IOと共にKANDYTOWNを引っ張るクルーのフロントアクト

左からIO,DONY JOINT,YOUNG JUJU

音楽性

IOと同様に英語を織り交ぜたシティボーイらしい独特のワードセンス、一度聴いたら耳に残る声とメロディラインが特徴。フック(サビ)を担当する曲も多いです。

2016年9月14日に1st Albumをリリース予定

PHOTO

-未分類